2020年11月30日の様子

 農産化学研究所では、畑や牧草地の土壌分析を行っています。土壌分析を行うことで、土壌が作物にとって適した条件になっているか、また、肥料がどれくらい残っているのかを知ることができます。
 土壌分析では、土壌のpH(ピーエイチ)や窒素、リン酸、カリ等の化学性のほか、物理性や生物性の分析も行っており、総合的に土壌の状態を診断することができます。
 分析結果は、土壌総合診断票として報告するほか、十勝管内の農協にはデータでも提供しており、十勝地域組合員総合支援システムの利用により、土づくりや施肥設計に活用されています。