2020年10月25日の様子

和牛の登録には、目的に応じて3段階の登録があります。1段階目は子牛の時点で父・母などの血統を証明する子牛登記、2段階目は繁殖用として登録する基本・本原登録、3段階目は繁殖能力や子牛の産肉成績などが優れる牛を登録する高等登録です。今回は、基本・本原登録に必要となる登録審査の様子です。毎年2,300頭近くの繁殖雌牛が登録され、農協担当者と一緒に1件ずつ巡回し、登録審査を行います。生産者が手塩にかけて育てた牛に点数をつけるので、とても緊張しますし責任を感じる仕事です。