JAネットワーク十勝について

JAネットワークの基本精神

(1) 先人から受け継いだ十勝の気質「自主独立とパイオニア精神」を大切にして、互いに競い合うことにより生まれる協同の精神と力を益々強固なものに育て、豊かな農業と農村づくりを推進する。

  • JAネットワーク十勝は、「十勝」が培ってきた成果と活力をさらに高め、日本農業の中核をなす地域として、常に自己改革の下でJA組織への信頼を高める体制づくりを目指す。

(2)JAの意志が尊重されることを原則とし、協同組合の基本理念に基づいた事業推進により、JAと組合員の結集による利益還元を基本とした義務履行型のスケールメリット発揮を目指す。

  • JAネットワーク十勝は、あくまでも農業生産を基本に置いた十勝型の事業展開を目指す組織である。
  • JAネットワーク十勝は、各JAが自己責任で主体的に運営する組織である。
  • JAネットワーク十勝は、単に企業の合理化を真似るのではなく、協同組合精神に基づいてJA事業の再構築を行なう組織である。

(3)組合員-JA-役職員という、三位一体の尊重精神を遵守する。

  • JAネットワーク十勝は、組織の活性化を通して人づくり、地域づくりを目指す。

JAネットワークの目的

(1)JAの財務状況を公正に評価する基準づくりとその実践により、管内JAの財務体質を強化する。
(2)管内JAの組織力結集によりスケールメリットを生かした協同事業を行ない、十勝農業の生産性向上とコスト低減に努めるとともに、JA事業の効率化を図る。
(3)以上により、組合員の営農と生活の向上を支援する組織活動を強化し、さらには十勝1JAの意識統一のための基盤づくりを行なう。

十勝1JAに関する基本姿勢

(1)JA合併は、あくまでもJA事業の伸長とコスト低減を図り、組合員メリット増大を実現するための「手段」であって、「目的」ではない。
(2)したがって、JAネットワーク十勝は「合併ありき」ではなく、ネットワーク事業を一つ一つ積み重ねる中から十勝1JAへの意識統一を進めることを基本とする。
(3)つまり、全JAの財務基盤が健全な水準に達し、さらにはJA間協同事業で規模の有利性が具体的に発揮されることによって大同団結の意識が高まり、その結果、JA事業の一層のレベルアップという明確な目標の下で十勝1JAに移行することを最も理想とする考え方である。
(4)ただし、部分的な合併が必要と判断される場合は先行して実施されることも有り得る。

JAネットワーク十勝が取り組む事業

(1)JAの財務基盤強化のための事業

(2)JA間協同事業の企画、推進

  • 十勝の農業生産力向上のための事業
  • 組合員に直接的なメリットを提供するための事業
  • JAの経済力を強化するための事業
  • JAの運営コストを低減するための事業

会員JAの役割

(1)JAは、JAネットワーク十勝の決定事項を遵守しなければならない。
(2)JAは、JAネットワーク十勝が行なう事業に組合員の十分な理解と協力が得られるよう、その意義や重要性の啓蒙に努めなければならない。
(3)JAは、JAネットワーク十勝が定めた財務目標を達成するため、当該組合の組合員に全ての情報を開示し、目標達成のための実践をしなければならない。
(4)JAは、JAネットワーク十勝が取り組む事業の検討、実施において、その主体として積極的に参画しなければならない。

JAネットワーク十勝の推進体制

(1)組合長会議/全組合長で構成する最高議決機関
(2)役員会議/組合長の代表8名で構成する原案策定機関
(3)JA経営会議/全参事で構成する原案を具体的に協議する機関
(4)専門委員会/JA経営会議役員で構成する、原々案を具体的に協議する機関
(5)ワーキンググループ/専門委員会が指名し、JA経営会議で了承されたJA参事等で構成する、事務段階の具体的な内容の協議と調査を行なう機関
(6)本部事務局/中央会帯広支所、十勝農協連、各連支所長で構成する、事業推進方策の調整を行なう機関

事業進捗状況

JAネットワーク十勝の動き(平成29年度)

1.生産・販売の強化について

  • 「十勝農業ビジョン2021~世界に誇る十勝農業~」を策定し、十勝農業のブランド化・高付加価値化・ファンづくりの推進と 安全安心で高品質な農畜産物の安定供給に努め、経営管理の高度化と生産性の向上により農業所得の向上を図るとともに、 協同の理念を共有し組織間連携を一層強化し、豊かで潤いのある地域社会の発展を目指すことを基本姿勢とし、5年後の農業生産額の目標を3,500億円としました。
  • 平成26年度から取り組んでいる、「Made in 十勝」ブランド推進事業について、十勝JA産農畜産物・加工品を一般消費者にPRするため、 「とかちマルシェ」、「美味とかち大収穫祭」、「ホクレン大収穫祭」、「北海道アグリ・フードプロジェクト」に「十勝ごちそう共和国」として出展しました。
  • 「十勝型GAP」事業は、「平成42年までに、ほぼ全ての国内の産地で国際水準のGAPを実施する」とした国の方針に従って展開するため、 国際水準GAP認証取得に向けたステップアップの手段として、十勝管内24JAで統一的に取り組むこととし、組合長会と連携し新たな仕組みの整備を進めています。

2.JA経営の強化について

  • 平成28年度のJA財務状況については、すべてのJAが主要なネットワーク基準を満たしています。
  • 平成22年度に策定しました「管内JA全体の経営戦略」に基づき、優秀な職員の確保・育成のために、 ホームページによる管内JA職員採用情報の提供と道内大学に対する就職説明会の実施、担当職員の登録と研修の充実、 農業経営診断士・営農指導員・農業融資プランナーなどの資格取得の推進に取り組んでいます。