とうもろこしサイレージのデンプン含量分析法を変更しました

4月1日より、とうもろこしサイレージのデンプン含量の定量方法を変更しました。

今回の変更は、デンプンの分析手法として世界で幅広く用いられる方法(AOAC996.11)を採用したことによります。

これにより、分析値がこれまでよりも最大5ポイント程度高く評価されます

詳細については、農産化学研究所までお問い合せ下さい。